「生きたお金」の使い方とは?

「ターミネーター」シリーズで有名な俳優であり、元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー氏は、オーストリアからの移民でした。彼がアメリカへ着いた時、ポケットにはわずか20ドルの現金しかなかったそうです。多くの人は彼がボディービルダーや映画俳優として得た収入でミリオネアになったと思っていますが、実は、不動産投資により最初の1億円を作ったそうです。彼はコツコツとお金を貯めては、それを頭金にしてサンタモニカやウェストロサンジェルス地区の小さな家を買い、それを貸して資産を増やしていきました。そして、数件の家をアパートに買い替え、さらにそれらをまとめてオフィスビルへとステップアップしていったそうです。

一般的に20代の男性は、働いてコツコツと貯金をしていけば(結婚してすでに子供がいたり親の介護などがなければ)、30歳までに100万円以上のある程度まとまったお金を持つことは可能です。ここで重要なことは、そのまとまったお金をどう使うかです。

ほとんどの若い男性は、「新車をキャッシュでポン!」と買うでしょう。

自ら稼いだお金で「消耗品」を買ってはいけない。

これは、ちょうどヒヨコをニワトリに育てることに通じます。

せっかく貯金してためたお金でクルマをポンと買ってしまうのは、小さなヒヨコを大切に育ててニワトリにし、それを丸焼きにして食べてしまう行為に似ています。そうではなく、小さなヒヨコを大切に育ててニワトリにし、そのニワトリにタマゴを産ませて、そのタマゴをひとつだけ食べるのです。だから、「タマゴを産む親鳥を殺してはいけない」と彼は教えてくれたのです。

さて、先ほどのアーノルド・シュワルツェネッガー氏の例ですが、仮に今、この話を聞いて、直ちに貯金や投資の勉強を始めるなど建設的な行動に移す人は何人いるでしょうか?

成功するためには、できるだけ早いうちから社会勉強をして「ストリート・スマート」になる。そして自分自身の人間性を高め、成功者のサクセスストーリーから学ぶ。

しかし、これだけでは決して十分ではありません。世界のできる男や富める男達は、「知識」の次に、人並み以上の「行動力」を持っています。それは失敗を恐れず、平気で困難に向かっていく資質を子供の頃から身につけているので、チャンスがあると見るとすぐに行動に移します。万が一、その行動が失敗に終わったら、二度と同じ失敗をしないように次から気をつけることにより、「失敗」を「学習」に置き換えます。

人生は自分探しの旅のようなものです。この旅はあなたの「寿命」という限られた時間内に行う、たった一度きりの旅なのです。その旅の向こうであなたを待つのは「真の豊かさ」。そこへ到達するための地図を手に入れ、その地図の読み方を教えてくれるのが「ストリート・スマート」になるための社会勉強とお金のIQとしての「知識」です。

地図は壁に飾って眺めるためのものではありません。その地図を使って、あなたの人生の旅へ出かけてください。

その時には、たった1人だけの旅かもしれません。または、友人、配偶者という旅の相棒が一緒かもしれません。たとえ、地図の読み方を知っていても、その道を通った経験者から体験談を聞くことも大切です。また、いつか、あなたが経験者として、次の世代の若者へ継承する立場になるでしょう。

こうして、私達は人生の旅を人から人へと受け継いでいくのです。

新米の山科でした。