期末テストが始まる前に、社会科のように暗記科目で90点が取れる方法がある。

とにかく、ただ単にひたすら多くの事柄を覚えたらよいのだ。

その勉強法は?

学校で使っているワーク類で、テストの範囲内容を3から4枚コピーし(1枚だけ赤ペンで答えを書き込む)

「理想の答案」の出来上がりだ。

即答できるまでそのまま暗記する。【暗記トレーニング】と言おう。

「即答できたら」スラスラと書けるように(ここがポイント)

漢字の「誤字」も減点にされるので≪手を使う≫練習をする。(何度も何度も書く)

ここまでできれば80点が見えてきた。次は地図や年表も同様にひたすら頭に映し込む。

理科や英単語や漢字も同じ方法で行ける。これを【サクサク暗記】と言おう。

極めつけは数学だ。数学は一番の暗記科目であることを誰もが知らない。数学は表現と数値が変わる

だけである。(余談であったが)

【結論】

社会も理科も「解く」ことで力が付くのではないんです。どんなに努力して覚えても、試験で忘れたら

点数になりませんね。しかし、逆にラクをして身に着けた答えでも記憶に残れば【得点】になるんです。

 

*問題集やワークを解いたら ①暗記トレーニング+②【サクサク暗記】+③解答・解説の有効利用

 

以上ができたら90点が目前である。 やらずして文句を言うな! やって結果を残して語れ!

山科が担当しました。