「一息入れる」コーヒータイムは本当に効果アリ?

GWも終わり少し身体がなまってませんか?こんな時にはついついと飲むコーヒーが美味しいもんですね。

 仕事が切迫し、長時間、仕事に没頭していると、誰しも能率が低下していきます。そんなとき、ビジネスマンの多くはコーヒーを飲んで一息入れるでしょう。確かに疲れていた気分を変えてくれるし、頭の中がスッキリしたような気にもなります。

 ですが、コーヒーに本当にそんな効果が隠されているのでしょうか。それとも、本人の錯覚にすぎないのでしょうか。

 周知のように、コーヒーにはカフェインという物質が含まれています。このカフェインは、紅茶やコーラにも含まれているし、大衆薬にもかなりのカフェインが含まれています。カゼ薬には35~75ミリグラム、鎮痛剤には100ミリグラムほど、そして眠気防止薬にはもっとも多く、150~200ミリグラムとされています。

コーヒーは2~3杯なら気分爽快、集中力もUP

 通常、成人は1日に約400ミリグラムのカフェインを摂取しているといわれています。それは脳にどんな効果をもたらすのでしょうか。ここでは、その半分(200ミリグラム)を摂取すると仮定して述べてみます。

 普通、2~3杯のコーヒーを飲むと、200ミリグラムのカフェインを摂ったことになります。摂取されたカフェインは体内に吸収され、大脳皮質を刺激し、眠気や疲労感を感じにくくさせます。すると気分は爽快となり、集中力が高まります。つまり、コーヒーのカフェインは、実際に脳を活性化させる効果があるのです。まさに仕事の能率も上がるというものですね。

 ただし、カフェインには中毒性があります。身体がカフェインに慣れてしまうと、次第に同じ量を摂取しても効き目が薄れてくるのです。そのため、最初は1杯のコーヒーだったのが2杯、3杯と増えたりします。

 それに、あまりにカフェインの摂取量が増加すると、脳内にも悪い影響を与えはじめます。カフェインは大脳皮質を刺激し、脳内を活性化させてくれるますが、量が多すぎると刺激が強くなり、爽快な気分というより興奮状態に陥ります。それとともに精神的な不安感がつのり、一方でいら立ちを覚えるようになるのです。ここまでくると、カフェイン中毒への第一歩です。

一時的な「だまし」効果にすぎない

 カフェインには致命的なほどの毒性はありません。その意味では安心な物質なのですが、過度の依存は避けるようにしましょう。

 大事なことは、カフェインが一時的な疲れを忘れさせているだけで、脳はまだ疲れたままだということです。過度なカフェインを摂取し続けていれば、いずれ無理がきかなくなり、燃え尽きて脳が働かなくなる恐れがあります。

皆さんはどのように思われますか? 山科が担当しました。