広島市安佐南区に通い放題の学習塾登場!考える力を伸ばす自立学習「ショウイン式」
塾生ログイン 資料のご請求・お問い合わせ
ほっと教室ブログ

加湿をしっかりと

加湿の重要性

こんな方法もあるんですね。自宅でもぜひやってみよう。
なぜ、急にこんな話を始めたのか?  実は自分自身が声の調子が悪く、かすれているからです。乾燥している空気のせいなんです。

最近は熱効率と環境面への配慮からストーブではなくエアコンが主流のようです。エアコンのきいた室内といえども、寒さが強まると空気も乾燥してきますよね。
空気が乾燥すると下記のような不具合が発生します

★風邪を引きやすくなる
★肌の水分と油分が不足して肌あれ
★汗もかいていないのにノドが乾く
★アトピー性皮膚炎などの症状も悪化
★静電気によりダニの死骸やホコリを吸いつける

乾燥を防ぐには加湿ですよね。手間要らずで思いつくのは加湿器ですが、低価格でお手軽な数年前に流行したペットボトル加湿器などでよく使われている『超音波式』は、単純に水を細かい霧にして放出するだけなので、『定期的な手入れをしないまま使用すると雑菌が含まれた水を、そのまま撒き散らしてしまう』という点に注意が必要だそうです。
更にここ最近の電気代の値上げもありますし、環境への事も考えて少しでも電気の使用量を減らすべきかもしれませんよね。

電気を使わない方法としては自然気化があります。かるく絞ったタオルを室内でグルグル回すと即席加湿器の出来上がりですが結構疲れます。(風邪のウイルスも濡れタオルに付着して1石2鳥なのですが)濡らして水が垂れないほどに軽く絞ったタオルや手ぬぐいを室内に干しても自然気化で良いのでしょうが見た目も悪いし、結構手間が掛かります。経済的には一番ですね。

みなさんも風邪を引いたり、インフルエンザには十分気を付けたいですね。特に受験生の皆さんはね。適度な湿度を保てばウイルスは発生しません。しっかりと対策をしてくださいね。

PAGETOP