朝学も無事終わりチョット一息でしょうか?中間テストも返却されています。今回の安佐南校の目標は、全員で理科・社会を高得点を狙えでした。

今回のテストで理科で100点がでました。数学はたまにはありますが、2年生の理科は初めて見ました。

よく頑張りました。毎日来て勉強をしたからこその結果ですね。

 

今日は、お子さんの数学力アップに直結する話をします。今からお伝えする「ある1つの学習法」を実践して頂ければ、今までの学習法より
成果 が出る可能性があります。

結論から先にお伝えしますが、その方法とは、『解答学習』です。

分からない問題に出会った時、30分以上「うーん…、えーっと…」と
悩み続けるのではなくて、すぐに解答を見てしまいます。

そして解答からしっかりと学び、自分自身をレベルアップさせていきます。

こういう話をすると、

「解答は見てはいけないと 学校の先生が言っていましたよ。」
という意見の人がいると思いますが、それは悪しき刷り込みです。

なぜなら「解答を見ない」勉強法は大量の時間をロスする事になり、
非現実的な勉強法だからです。

分からない問題に出会うたびに30分以上考えていては、
時間がいくらあっても足りません。

学校の先生 の言葉を信じて、子供に「答え見ちゃダメ!」と言ってしまっている
保護者の方も結構いたりします。

答えをみて、それを何も考えずに丸写しするだけでは意味がありませんが、
答えをみて、それをしっかりと熟読し、自分のものにするという勉強スタイルはオススメです。

そして、数学の成績が良い生徒というのは、解答を参考にしながら勉強をしている事が多いです。

つまり無意識的に、『解答学習』を実践しているんです。

山科が担当しました。